イタズラ 巨乳

時間停止勇者余命3日の設定じゃ世界を救うには短すぎる2話ネタバレ

こんにちは。ぽちまろです。

1話につづいて「時間停止勇者余命 3 日の設定じゃ世界を救うには短すぎる 2話」です。

RPGの世界を時間停止(ポーズ)して、敵を倒すのもよし。女の子のパンツを見るもよし。

やりたいほうだいやっています。

かといってストーリーも面白いですよ。

じゃなきゃ1、2巻くらいで打ち切りになってますよね。

それでは、2話もかるーく紹介していきます!

 

【あらすじ】時間停止勇者余命 3 日の設定じゃ世界を救うには短すぎる 2話

SNSが炎上して人生詰んだ――!! 

青年・葛野セカイがこの世に絶望したその瞬間、彼は異世界にいた。

しかも最強の能力「時間停止」を身につけて!! 

金を手に入れ、停止した敵を一撃で倒し、そして片っ端から女子のスカートをめくり、大やりたい放題のセカイ。

だが無敵に見えたその力には、とんでもない制約がついていて……!? 

ストーリーテラー・光永康則が送る、本格異世界ファンタジー!!

(ebookjapanより引用)

 

時間停止勇者余命 3 日の設定じゃ世界を救うには短すぎる 2話【ネタバレ】

時間停止勇者余命 3 日の設定じゃ世界を救うには短すぎる

これ以降はネタバレを含みます。まだ読んでいない人は閲覧注意してください

 

1話までのあらすじ

SNSで炎上させてしまったことで「人生は終了した」と思った葛野セカイは、異世界に飛ばされてしまう。

その異世界は、ゲームの中の世界

どんな場面もスタート(ポーズ)ボタンを押すことで時間を止めることができるスバラシイ世界だった。

登場する女性を時間を止めてパンツを拝みながら、ステージのボスを倒しながら進むセカイ。

しかし、視界の端に表示されている「50:26:31」を見たセカイは、それが制限時間だと確信する。

余命3日の設定でラスボスを倒すことができるのか!?

 

苦労して倒したサンドワーム。

しかしそれは、ラスボスではなかった・・。

その国の王様に、「ラスボスを倒したい」ことを打ち明けると、北の洞窟にいるモンスターを倒すように言われる。

1人で向かったセカイだが、途中カギのかかった扉に苦戦。

 

いったん町へ戻ったセカイは、盗賊(シーフ)の「ニーニャ」を仲間にして戻り、開錠することに成功する。

セカイ「すごいなニーニャ!

ニーニャ「ま、あたしのすごさが分かったらセカイも・・・

時間を止められるニーニャ。

 

セカイは、1人で扉の奥に入っていく。

奥には先に突入した3人組パーティとゴーレムが、時間が止まったままの状態になっていた。

剣をゴーレムに突き立てるセカイ。

しかし体が硬く、剣が刺さらない。

セカイ「どうやって倒せばいいんだ?

悩んだあげく、セカイは彫刻するかのようにコツコツと2か月間かけて削り取り、ゴーレムのコア(心臓)を取り出し倒すことができた。

 

時間をすすめ、パーティに事情を説明しているとカウントダウン表示に目がいく。

セカイ(ん?カウントダウンが止まらない・・!?ということはラスボスじゃないのか・・!?

時間を止めてパーティーの女性にイタズラをする事で、怒りを爆発させているセカイ。

ふと、隠し部屋を見つける

 

隠し扉の中にはゴーレムを操っていた巨乳ダークエルフがいた。

時間を止めてダークエルフを縛り上げ、さきほどのパーティーに、街まで連れて行くように依頼する。

突然ダークエルフがセカイに言った。

ダークエルフ「・・私の服を脱がしたな。この変態め・・!

セカイ「!!

ニーニャ「またやったんだ?セカイサイテー・・

セカイ(ダークエルフの勘、恐るべし!

 

【感想】時間停止勇者余命 3 日の設定じゃ世界を救うには短すぎる 2話

時間停止勇者余命 3 日の設定じゃ世界を救うには短すぎる

ここまでが第2話です。

途中、時間を止めてイタズラする場面がでてきます。

ちょっとした笑いも、ところどころ散りばめながら物語が展開していくので、読んでいても飽きません。

続きは3話の更新をお待ちください。

 

早くこの続きを読みたいあなたは、コミックサイトで読んでみてはいかがですか?

わたしがおすすめするのはこちら♪

 

→ マンガを40%OFFで購入できる方法

 

-イタズラ, 巨乳
-,